楽しい記憶が多いので、どこから話そうか迷ってしまいます。

 いつもログインのときに流れてくる、あのメロディーを聞きながら、

 いつもと変わらない夏空を思い浮かべています。



 世界樹の見える丘公園は、 

 
 待ち合わせ場所です。


 たまり場です。


 約束しなくても、仲間と合える公園です。




 ひと夏を戯れて、


 気づいたときには飽きのこない世界で、


 夏のまま過ごしていました。




 それでも時間が来ればログアウトします。


 行ったっきりでは、ありません。


 ログアウトします。


 再びログインするために、ログアウト。






 ほんのチョットの時間でもログインすることがあります。


 潮風を感じるだけ、


 夏色の街角を歩くだけ、


 校舎から校舎へ走るだけ、


 ほんのチョットの時間だけ。